i-Designer BODY

3Dでリアルなデザインを表現する

製品概要/活用事例

BOT_PRODUCTIMAGE

機能紹介

BOT_PRODUCTIMAGE

サイズ表に数値を入力して、そのサイズにボディを変形させます。バストやウエスト、ヒップなどの周径はもちろん、肩角度なの入力で、いかり肩やなで肩に変更することもできます。

BOT_PRODUCTIMAGE

ふくらませたり、へこませたりしたい部分をクリックすることで、部分的にボディを変形させることができます。変形量の設定や、体を左右均等に変形させるかどうかのオプションを設定できます。

活用事例

  • 学校では生徒のサイズ、企業では顧客やフィッティングモデルのサイズを採寸してそのデータを元にBody Order Toolでオリジナルボディを作成。

  • 作成したオリジナルボディをi-Designerで読み込み、バーチャルトワルチェック。

  • 大学や研究機関などで3Dスキャナと合わせて体型分類や分析などに活用。